素材への取り組み

より高い品質をご提供するために

弊社商品「豊潤サジー」に使用しているサジーは「ビコアサジー」と呼ばれ、内モンゴルにある標高2304.5mの山「蛮漢山」で収穫されています。世界に数種あるサジーの中でも特に、砂漠や高地などの厳しい環境でも自生するシネンシス系の品種であるビコアサジーは、特に栄養価が高く、砂漠でも自生して生き抜く生命力にあふれています。

原料に農薬や化学肥料を一切使用しない野生のビコアサジーを採用することで、私たちは、土壌や川などの自然環境を守り、人間と自然の調和も大切にしたいと考えています。

厳しい環境の中で栄養をたっぷりと蓄えたビコアサジーは、収穫後手作業で丁寧に選別されます。1つ1つ丁寧に選別された果実をジュースにするわけですが、現在、マーケットに多く出回っているサジージュースは、ローラーで潰し沁み出た液だけを集める「圧搾」という方法です。しかし、圧搾では、一番おいしく栄養価の高い果皮が不要物になってしまいます。そこで、豊潤サジーでは特別な機械を用いて、栄養豊富な果皮まで丸ごとピューレにしています。

特別な機械でピューレ状にすることによって、色合い良く味が豊かで栄養価も高いジュースを、お客様にお届けできるのです。

PAGE TOP